ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

封筒マナー【エアメール編】

投稿日:

海外にハガキや封筒を発送しようと思った時に、どうやって名前や住所を書けば良いのか迷ってしまったことはありませんか。日本でハガキや封筒を送る時と同じように宛名書きをすれば良いのではなく、海外に送る場合には一定のルールやマナーが存在します。

まず、ハガキの場合も封筒の場合も、送り主の氏名と住所を先頭に書きます。郵便物の左端に自分の名前、そしてその下に住所を記載します。次にその下の中央部分に、送付先相手の名前、住所を記入します。日本では、送付先相手の住所と氏名を表書きにして、裏面に自分の住所と氏名を記載する方法が一般的ですが、海外の場合には、送り主の氏名と住所を左上に記載して、中央に送り先相手の氏名と住所を記載します。

また、ここで忘れてはならないことは、送り先の国をしっかりと記入することです。できればわかりやすく大文字で記入した上で、アンダーラインを引くようにすると良いでしょう。送り主である自分の住所にも国名を記入することを忘れないようにしましょう。また、エアメールで送るということがわかるように、国名を書いた下あたりに、AIR MAILと記載すれば完璧です。わかりやすく赤色のペンで記入することもおすすめです。

ただし、EMSなどで送る場合には、エアメールと記載する必要はなく、指定の用紙に送り主の情報と送り先の情報、送付物の内容などを記入するだけです。何を記入する必要があるのか不明な場合には、郵便局に行けば係りの人が丁寧に記入方法について教えてくれるため、説明に沿って記入すれば問題ありません。

このように日本と海外では郵便物を送る際に宛名の書き方、順序など異なりますが、それほど難しいことではないため、基本ルールをしっかり理解しておけば、問題なくエアメールを発送することができます。

-封筒