ヒヤリとしない封筒マナー

封筒のマナーでもう恥をかかない!ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

不幸事やお悔やみの際の封筒のマナー

投稿日:

誰かに不幸ごとがあった場合、お悔やみの気持ちを表すと言う事で香典等を通夜・葬儀・法事等の場に持参するのが一般的です。
しかしその人の置かれている状況によってはその場に行く事が出来ない場合や、そもそも葬儀や告別式が済んでから訃報を聞いたと言う事もあり得ます。
その場合は香典等を封筒に入れて先方に送る事もできます。

もし通夜や葬儀などに出席できない場合は、予め弔電を打ち、さらに香典を郵送します。
ただ、法事の場合は予めいつに開かれるかという事が分かっているので、その場合は香典に手紙を添えて郵送する形を選びます。
訃報を後から知った場合は、相手が無くなってからどれ位時間が経過しているかで表書きが変わる為、その点に注意します。
さらに相手の宗教や宗派によっても変わる為、まずは相手に合わせる事が基本です。

封筒で香典を送る場合は、現金書留で送る様にします。
専用の封筒に香典袋ごと入れ、そこにお悔やみの手紙を添えて郵送します。
この場合、本来は香典は中身の金額に合わせて種類を選ぶ事がマナーとなっていますが、現金書留用の封筒に入れにくい場合も有るので、入れやすいタイプを選んだとしてもマナー違反と言う事にはなりません。
どうしても水引等が立体的になっているのしぶくろを利用したいと言う時は、専用の封筒以外を利用して送る事もできます。
ただ通常のタイプで其の儘送ってしまうと中身の補償を受ける事が出来ない為、保障を受ける為にも窓口に申し出て必要な料金を支払い手続きを行います。

お悔やみの言葉を添える場合、内容がシンプルな物であれば便箋をそのまま入れたとしても問題はありません。
ただ内容を長く書く場合は便せんだけを入れるのではなく、一重の封筒に入れ、それも一緒に現金書留用の封筒に入れて送ります。
二重のタイプのの方がより丁寧で良いと思う人もいるかもしれませんが、不幸ごとは重なる事は避けるべきなので、二重のタイプは避けるのがマナーです。

 

-封筒