ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

目上の方に封筒を送るときに気を付けるべきマナー

投稿日:

近年ではパソコンやスマートフォンの普及に伴い、封筒などの郵送物は減少傾向にあるといえます。しかし大切な文書などを、目上の人に送る場合にはやはり郵送の手段が選ばれることが多いため、封筒 マナーには十分に注意する必要があるでしょう。
封筒の宛名は相手が最初に目にする部分でもあり、見られていないようでもよく見られている部分でもあります。特に目上の人に送る場合には正しいマナーで書くようにしたいものです。現在では封筒を書く機会も少なく正しい書き方を知らない人も多くみられるため、しっかりと頭に入れておく必要があります。

目上の人に限った事ではありませんが封筒 マナーとしては手書きが基本となります。宛先や宛名は相手に確実に届かなければならないため、そして相手が読みやすいように正確に丁寧に書く必要があります。封筒には和封筒と洋封筒の二つがありますが、それぞれの封筒の種類によっても正しい書き方やマナーが異なるため十分に注意しましょう。
和封筒の場合には原則として縦書きに記入します。宛名の位置は郵便番号の枠を目安にすると書きやすく、基本的には二行以内におさめるようにし、宛名が封筒の中央部分にくるようにバランス良く配置します。ビジネスの封筒を郵送する場合には、会社名や役職名なども書き入れることが多くなるため、書く前に何行でおさめるのかなど、上手にバランスよく書けるように想定してから書きはじめます。

洋封筒の書き方としては、横書きでも縦書きでもどちらでも失礼にはあたりませんが、やはり目上の人に封筒を送るのであれば縦書きにした方がよいとされています。縦書きの場合の宛名の書き方としては基本的には和封筒と同じとなります。洋封筒を縦に使う場合には、慶事と弔辞で閉じ方が異なるので十分な注意が必要となります。慶事や一般的な手紙の場合には左閉じとなり、これに伴って差し出し人の住所や氏名を記入する位置も反対です。弔事の封筒の場合には、二重のものを選んでしまうと不幸が重なるという意味を持つため、白の一重のものを用いるのがマナーとされています。封を締める際には基本的にはのり付けとなり、セロハンテープやシール、ホッチキスなどで封をすることはマナー違反となるので注意が必要です。
このように宛名の書き方や書く位置など様々なマナーがあることがわかります。特に目上の人に送る場合には、知らなかったでは済まされないものであり、しっかりとマナーを身につけておくようにしましょう。

-封筒