ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

海外に封筒を送る時に抑えておきたい封筒マナー

投稿日:

海外に封筒を送る際のマナーとしてまず最初に押さえておきたいのが、封筒のどこに宛名を書くかということです。宛名は封筒の右下、差し出し人は封筒の左上もしくは裏に書いて、切手は封筒の右上に貼りましょう。ビジネスレターの場合には、こちらの情報はほぼ100パーセントの割合で封筒の表の左上に記入します。切手は右上に貼り、航空便のステッカーは切手の左隣もしくは左下に貼りましょう。封筒をパッと見た時に左下の空白が寂しく感じる場合には、こちらに航空便のステッカーを貼るのもよいでしょう。

名前の書き方としては、日本の場合には相手の名前に様をつけますが、英語の場合には男性と女性によって敬称の付け方が異なります。男性の場合にはMr.と、女性の場合にはMrs.と敬称を入れて、住所の前に記入します。以前までは未婚の女性にはMiss、既婚女性にはMrs.と区別する風習がありましたが、これは差別にあたるという考えから近年ではMrs.に統一されています。日本の場合にはどんな親しい間柄の人でも様をつけるものですが、英語の場合には親しい友人などには何もつけません。敬称をいれずに名前だけを書きますが、日本語の場合にはこれだとかなり失礼な印象を与えることになりますが、英語の場合には親しい印象になります。
もしも家族全員に向けて送りたいという場合の封筒 マナーとしては、名字にSをつけることでその家族の一家をあらわすことができます。また名字にSをつけて、そのあとにファミリーをつけてもよいでしょう。
夫婦に送る場合には、連名で送るということもあるでしょう。連名の場合には名字の前にMr.andMrs.と記入したり、もしくはMr.とMrs.の後に夫のフルネームを記入することもあります。結婚しているカップルが同姓の場合には、伝統としては夫を先に書くとなっています。また個人宛てと同じように、友人などの親しい間柄の人物へ送る場合には敬称はつけません。親しい間柄の人物の場合には、妻の敬称を先に書いても問題はありません。どちらかといえば自分に関係の近い人を先に書くことが多いでしょう。たとえを上げて言うならば、妻が自分の姉である場合には妻を先に書くということです。
英語での住所の書き方のルールとしては、住所はすべて日本語の逆に書きスペースで区切ります。単語の最初は大文字で日本語の読みの通りに、長いものや読みにくいものにはハイフンをつけます。初めて書く場合には難しいと感じることもあるかもしれませんが、封筒 マナーを覚えておきましょう。

-封筒