ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

合格祝いの封筒の水引について

投稿日:

親族や知人・友人の子供が各種学校に合格した際には、入学祝いや合格祝いを考えることになりますが、金額の相場や渡し方はある程度決まっているため、渡す時期や相場、封筒の選択など一般的なマナーに従って渡せば特に難しいことはありません。
合格祝いと入学祝いはほぼ同じような意味合いがあり、試験を受けて合格した場合はどちらでも構いませんが、公立の小中学校等受験に関係なく進学する場合は入学祝いを贈るなど、ケースによって使い分けます。
渡す時期は合格が決まってから入学式までの間になりますが、2週間から3週間程前が良いでしょう。都合がつかない時など、事情がある場合は一言添えれば入学式の後でも特に問題はありません。
金額の相場は地域によっても異なり、高校や大学が2万円、小中学校が1万円、幼稚園が5千円程度となっています。もちろん金額よりは気持ちが重要ですから、少額でも決してマナー違反として軽蔑されることはありません。
但し、合格祝いを入れる封筒に関しては、金額に応じたものを選択します。
一般的に1万円以下であれば水引が無いタイプのご祝儀袋、1万円以上であれば水引のあるのし袋を選びます。水引とは紙で作られた結び目のことで、見た目も華やかになります。
水引の結び目には蝶結びと結び切りの2種類が存在し、合格祝いのように何度訪れても嬉しい出来事の際には、蝶結びの水引が付いたのし袋を選択するのが常識です。一方、固く結ばれた結び切りの水引は、通夜の香典や病気のお見舞いのほか、結婚式の御祝いなど一度きりで済ませたい場合に選択します。
水引の色は、一般的な御祝い事の場合は赤と白のものと決まっていますから、合格祝いも同様です。黒と白のものは仏事で利用されます。

-封筒