ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

意中の異性に送るラブレターの封筒マナー

投稿日:

意中の異性にラブレターを書いた場合には、多くの場合封筒に入れて渡すことになるでしょう。ラブレターを封筒に入れる場合に、自分の名前や住所は書いた方がよいのか、相手に対してさん付けをするのか、様をつけた方がよいのかなど、封筒マナーについて悩んでいる人も多いことでしょう。

まずラブレターの封筒マナーとして、自分の名前は必ず書く必要があります。実際にラブレターの正式なマナーや決まりはないので、大切なことは相手に好印象と良い印象を与えることです。そのためラブレターを送る相手との間柄を考えたうえで、良い印象をつけることができる書き方が一番だといえます。形ももちろん大切ではありますが、実際に重要となるのは中身です。そのため気持ちが伝えられるような手紙の内容にする必要があります。

封筒に入れるラブレターを書くときに、いきなり文章を書きはじめてはなりません。まず最初にどのようなメッセージを伝えたいのかをノートやメモなどに下書きをしてみましょう。伝えたいことを整理してから書き出さなければ、自分の気持ちを書き連ねるだけの重たい文章になってしまう可能性があります。時には相手をほめるような言葉を盛り込むことも大切です。
また伝えたいことがたくさんあるため、ついつい長文になってしまう人も多いかもしれませんが、だらだらと長く書かれた手紙は読むのがめんどくさくなってしまう人も見られます。目安としては便箋に1枚程度に収まるほどで、書き終ったときに少し物足りないと感じるぐらいが最適といえるでしょう。さらに思いを伝えたいのであれば、語り口調で書くこともコツと言えます。語り口調に変えることにより、相手にも気持ちが伝わりやすくなるといえるでしょう。相手が目の前にいることを想像しながら書いてみましょう。

そして封筒のマナーとしてはしっかり相手に伝えるためにも、封筒の選び方にも慎重になる必要があります。派手なレターセットやキャラクターがかかれているようなものは避け、便箋と封筒は統一し、大人っぽいシンプルなデザインのものを選ぶのがおすすめです。相手が読んだ時のことを考えて読みやすいかどうかを意識して選びましょう。最後に封筒には普段自分が使っている香水を、ほのかに香る程度につけておくのもおすすめです。相手に文字だけではなく香りでも感じてもらうことができるでしょう。手紙に直接つけるのではなく、遠くから噴射して手紙をくぐらせるのがポイントです。自分の思いが相手にしっかりと伝わるように、書き方やマナーに十分に注意しましょう。

-封筒