ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

入学お祝い用封筒の2つのポイント

投稿日:

新年度を迎え、甥っ子や姪っ子、親戚の子供や近所の子供など、新入学生がいる場合には、入学祝いを渡そうと考えている人が多いでしょう。入学祝いを贈る際には、使用する封筒にもマナーがあります。
まず入学祝いで使用する封筒は、慶事用の熨斗付きのご祝儀袋を選びましょう。ポイントとしては紅白の蝶結びの水引きであること、熨斗がついていることの2点です。
近年では祝儀袋にも多様なデザインがほどこされ、入学祝い用の封筒もかわいいデザインのものが多く販売されています。このようなものを使用するのももちろん良いですが、もしも贈る相手が上司の子供などという場合には、控えた方がよいでしょう。かわいいご祝儀袋を用意した場合には、子供本人に手渡しても喜ばれるでしょう。
お祝いの金額が3万円程度であれば、封筒に最初から水引きが印刷されているタイプを使ってもよいでしょう。実際には1万円程度のお祝いを贈ることが多いといえます。水引きがない封筒タイプのものもありますが、甥っ子や姪っ子など親戚の子供に渡す金額の際に使用するのがふさわしいです。ご祝儀袋の包装の裏には、中に包む目安の金額が書かれているので、よく確認してから封筒を購入すると良いでしょう。
封筒の表書きの書き方としては、入学祝、御入学祝、祝御入学などの文字が一般的です。近年では入学おめでとうと書かれた封筒もよく使用されています。名前を記入する際には毛筆もしくは筆ペンで、濃い黒を使用して書くようにしましょう。個人で渡す場合には真ん中に氏名を記入し、夫婦で送る場合には右に夫の氏名を、左側に妻の氏名を記入します。
ご祝儀袋を包む際に、お祝いごとの場合には、上向きの包みが上になるように水引きでとめます。間違えると反対の意味になってしまうため気をつけましょう。

-封筒