ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

お心付けの封筒

投稿日:

お心付けとは日本で昔から伝わる習慣であり、お世話になった人たちへ感謝の気持ちを込めて渡す少額のお金のことを指します。使われる場面は様々で、結婚式では、以前までは式場の配膳スタッフや司会、着付けやメイクでお世話になる人、写真撮影の人たちに、お心付けを渡す習慣がありましたが、現在では結婚式場がサービス料を含めて料金設定をしているため、お心付けを渡すことは少なくってきています。しかし、受け付けや会計、司会や撮影など、友人に依頼した場合には、一定額の金銭を包んだ方がよいでしょう。

お葬式の場面でも、以前までは送迎バスや霊柩車の運転手、火葬技師などに心付け渡す習慣がありましたが、近年では葬儀全体の見積もりに含まれていることがほとんどです。
その他にも、旅館に宿泊した際に渡す習慣もありましたが、近年ではサービス料をとる旅館も多く、高級旅に宿泊した場合や、なにか特別なお願いごとをきいてもらう以外は、渡すことはありません。

お心付けは、お金をそのまま渡すのではなく、きちんと封筒に入れて渡します。封筒の表書きはお礼、御礼などと記入し、結婚式の場合には、寿と記入することも多く見られます。結婚式で使用する際には、お金はご祝儀袋に入れます。送り主は両家連名とします。お葬式の場面で使用する場合には、お金を三つ折りにして入れる小さなポチ袋や、和紙や懐紙に包んで渡します。お葬式の場合には、表書きには志、心づけと記入するとよいでしょう。
旅館の場合も、ポチ袋に入れたり、和紙や懐紙に包みます。表書きは書かなくても構いませんが、あらかじめお世話になることがわかっていて準備をしておくのであれば、お礼、心ばかりなどと記入するとよいでしょう。

-封筒