ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

できる人は失敗しない?お悔やみ事の封筒マナー

投稿日:

お祝いではないお悔みの事の場合は、急に連絡が来て準備をしなくてはなりません。服装や交通アクセス等、急いで準備しないといけないことが多いので、封筒については日頃から家庭や職場で手持ちのものがあると良いかもしれません。もちろん、手持ちのものがなくても、今は24時間空いているお店も増えてますので、慌てることなくそのような場所で購入するようにしましょう。

封筒 マナーとしては、通夜や葬儀だけでなく、法事や弔事の際に現金を包む水引きのついた袋を使用しましょう。不祝儀袋とも呼ばれますが、この封筒にも水引が印刷された簡易な封筒から、袋が二重になった正式な封筒まであります。選び方としては、中に包む金額に封筒のグレードを合わせるのが封筒 マナーです。不釣り合いなことにならないように心がけたいものです。
また、お悔やみ事の場合の水引きは結び切りとなります。結び切りは、水引きを固く結んであって解くのが難しいため、葬儀のように人生に一度きりにしたいお悔やみ事に使います。水引きの色は、白黒が一般的ですが、主に関西地方では白黄の組み合わせも使用されているので、地域や風習にあったものを利用したいものです。

封筒には、御霊前や御香料等と記入されたものが売っていますが、これは宗教によって異なるので、仏式、神式、キリスト教式等、どの宗教で行われるのか案内文をチェックするのを失念しないようにしましょう。
また、表書きを記入する時には薄墨を用いて書きます。薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。

封筒 マナーとして、裏面や中袋には住所も記入することを忘れないようにしましょう。これは、遺族が整理するのにどの人からなのかを特定しやすいようにする意味合いがあります。故人とだけの付き合いの場合、判明するのが困難なケースもあるのでマナーとして覚えておきたいものです。会社関係の場合は名刺を同封しておくのも良いかもしれません。包むお札は、新札でなくても構いません。新札であると事前に準備をしていたようなイメージになってしまうことからそのように言われています。
これらの準備が整ったら、最後に封筒の包み方を間違えないようにしたいものです。水引きが印刷された封筒もありますが、水引きをはずせるタイプの封筒を用いる時には正式な包み方を覚えておきましょう。後ろから見た時に上から下になるのがお悔み事の正式な包み方になります。慶事は下から上となります。混乱することがありますので、慌てているお悔み事の時こそ、慎重に行動し気を付けたいものです。

-封筒