ヒヤリとしない封筒マナー

ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

葬儀や法事の時もこれで安心

投稿日:

祭事とは葬儀や法事などのことを指していますが、祭事に参列するときは香典を持参することがマナーになっています。

祭事に関しては、喪主など取り仕切る人、もしくは故人が信仰していた宗教形式に則って行われるので、それに合わせて香典の封筒を用意しなければなりません。仏教式の祭事に参列するときは、黒白、もしくは黄白、双銀の水引の封筒を用意します。蓮の絵がかいてあるものは仏教専用になっています。水引きの上部分に御仏前や御香典と表書きし、その下部分に会葬者の名前をフルネームで書きます。夫婦で出席する場合は夫の氏名の横に妻の名を添えて、連名で出す場合は名前がフルネームで同じ大きさで書きます。会社名義や部署、グループ名を記入することも可能です。ただ連名で御香典を出す場合は、トータルの金額は端数が出ないようにすることがマナーになっていますし、それぞれが出した金額の内訳を記入する必要はありません。死や苦しみを連想させるような額面にならないように調整することが必要です。

キリスト教式でも仏教と同じ法事のような儀式があり、香典を出すことがあります。追悼ミサなどが法事と同じ意味を持っていますが、その時は御香典ではなく、プロテスタントの場合は御花料、カトリックの場合は御ミサ料と書きます。封筒には十字架に絵がついたものが望ましく、それらがない場合はただのシンプルな白い封筒で構いません。ただ蓮の花が書かれたものが仏教専用ですから、キリスト教式に出さないように気を付けることが必要です。キリスト教式の場合は、御花料の下にフルネームで会葬者の名前を書きます。同じく神式の場合は、黒白水引の封筒に御玉串料と記して、その下に会葬者の名前を記します。

-封筒