ヒヤリとしない封筒マナー

封筒のマナーでもう恥をかかない!ビジネスでも使える厳選封筒マナーに関する記事を集めました。

封筒

【必須】就職活動の封筒の書き方

投稿日:

就職活動の仕方は時代によって移り変わっていきます。封筒の使い方も同じです。今はどのように気をつければいいのかをまとめました。

就職活動で一番使用機会が多いのは、履歴書を送付する場合でしょう。A4の用紙が折らずに入る大きさの封筒を用意してください。最近は茶封筒ではなく、白いものが好まれています。基本的に黒のペンで、手書きです。字の上手下手にかかわらず、丁寧に書いてください。封筒の書き方を審査に含める会社もあります。

まず、表面ですが、担当者(部署名や役職名がわかる場合は全部)の名前を封筒の中央に、一番大きめに書きます。担当者個人宛に送る場合は名前の下に「様」をつけます。部署などの団体に送る場合は「御中」とします。このとき、書き始めは一文字分下にしておきます。その右側に会社名を心持ち小さく書いてください。株式会社や有限会社なども省略しないように。位置は、部署名・担当者の名前より一文字分上から。その右側に記入する会社の住所と書き始めの位置をそろえるようにします。住所は都道府県から、丁目や番地も省略せずに書きます。二行に渡るときは、二行目の行頭を一文字分下げます。マンション名・ビル名が短い場合は、一行目と下の位置をそろえるようにしてください。そして、封筒の左の下側に、赤文字で「応募書類在中」または「履歴書在中」と書きます。

次は裏面の書き方です。封筒の継ぎ目の右側に自分の住所を書きます。先ほどと同様、都道府県から略さずに。郵便番号はその上側に、横書きで記入します。名前は、継ぎ目の左側に書きます。そして、封筒の左上に送付する日付を漢数字で書きましょう。書類を中に入れたら、テープではなくのりでしっかりと封をします。そして、封の境目に「〆」の文字を書きます。切手はもちろん十分な金額のものを。不安な場合は、郵便局で計ってもらいましょう。

-封筒